CBC賞 歴史

1965年 : 中京競馬場の砂1800mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走、CBC賞として創設。
1966年 : 負担重量を別定に変更。
1970年 : 施行コースを芝1800mに変更。
1971年 : 施行距離を芝1400mに変更。
1978年 : リキタイコーが史上初の連覇。
服部正利が調教師として史上初の連覇。
1981年 : 施行距離を芝1200mに変更。
1984年 : グレード制施行によりGIIIに格付け。
1990年 : 施行時期を6月に変更。
GIIに格上げ。
混合競走に指定。
1993年 : 中京競馬場の改修工事により京都競馬場の芝内回り1200mで施行。
1996年 : 施行時期を11月に変更。
指定交流競走に指定され、地方所属馬は3頭まで出走可能となる。
1999年 : 小倉競馬場の改修工事による振替開催により小倉競馬場の芝1200mで施行。
2000年 : 施行時期を12月に変更。
指定交流競走から特別指定交流競走に変更され、JRAに認定されていない地方所属馬は出走不可となる。
地方所属馬の出走枠が3頭から2頭に縮小。
2001年 : 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
2004年 : 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
2005年 : 降雪の影響で6日遅れの順延開催(シルキーラグーン・ゴールデンロドリゴが出走取り消し)。
2006年 : 施行時期を6月に戻す。
負担重量をハンデキャップに戻す。
GIIIに格下げ。
特別指定交流競走から除外。
2007年 : 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
2009年 : 関西主場においての最終レースの発走時刻を16時40分に設定したことに伴い、当競走の競走番号が第11競走から第10競走に変更。
2010年 : 中京競馬場の改修工事により京都競馬場の芝内回り1200mで施行。
2011年 : 中京競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝内回り1200mで施行。
東日本大震災の影響で薄暮競走を行わないため、第11競走として施行。
2012年 : 施行時期を7月に変更。
サマースプリントシリーズの第2戦に組み込まれる。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/11