函館SS コースの特徴

【函館競馬場 芝1200mの特徴】

函館スプリントステークス レースコース

スタート地点は向正面直線、2コーナー奥にあるポケット。最初の3コーナーまでの距離は約490mあり、緩やかな上り坂になっている。3~4コーナーはスパイラルカーブ。途中に坂の頂上があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。その後、ゴールまでは平坦になっている。函館競馬場は一般的に平坦コースと思われがちだが、このように実は起伏がある。芝コース全体の高低差は3.4mあり、中山、京都に次ぐ。ローカル競馬場では最大の高低差。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、最後の直線距離はともに262m。

クラスを問わず前半の3ハロンは速く、典型的な前傾ラップ。クラスが上がるごとに後半の失速率が下がり、走破時計も速くなる。起伏がある上、函館競馬場の芝は重い洋芝なので全体的に時計がかかるのが特徴。開幕して間もない時期はいいが、使いこまれたり、ひと雨降ったりすると、一気に時計がかかる。開催日ごとで水準時計が大きく変わるので注意が必要。時計が遅くなると、速い持ち時計がない穴馬が台頭してくる。そのため、予想は難しい。函館の芝に合った馬を見つけることがポイントになってくる。

【有利な脚質と枠順】
脚質傾向は基本的に逃げ~先行馬が有利。近年はそうでもないが、馬場が痛み出すと、一気に逃げ~先行馬が苦しくなる。完全に差し馬有利な馬場になることもある。枠順傾向は、以前は外枠有利が定説だったが、近年はそうでもない。16頭立ての大外は勝ち切れなくなっている。それ以外のゲートは満遍なく好走馬が出ており、フラットと言っていいだろう。

【クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(34.3-36.1=1.10.4)
3歳以上500万(34.0-35.9=1.09.9)
3歳以上1000万(34.1-35.1=1.09.2)
3歳以上準OP・OP特別(34.1-34.8=1.08.9)
3歳以上重賞(33.5-35.2=1.08.7)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/11