アイビスSD レース概要

2000年に中山競馬場の芝1200mの4歳(現3歳)以上の混合・指定の別定のオープン特別競走、サマースプリントステークスとして施行されたのが始まりで、2001年に新潟競馬場改修で新設された芝1000mの直線コースに施行場を移し、3歳(旧4歳)以上の混合・指定の別定の重賞(GIII)競走、アイビスサマーダッシュとして新設された。

2006年からは施行時期が7月中旬に変更され、夏の新潟開催の開幕週のメインレースとなるとともにサマースプリントシリーズに指定、また指定交流競走から特別指定交流競走に変更され、JRAに認定されていない地方所属の競走馬が出走不可となる。

サマースプリントシリーズに指定されてからは、このレースを制したサンアディユ(2007年)、カノヤザクラ(2008年・2009年)、エーシンヴァーゴウ(2011年)がシリーズのチャンピオンとなった。

また牡牝混合戦ながら、牝馬の勝率が非常に高いレースでもあり、2005年から7年連続で牝馬が当競走を制している。牡馬の優勝は2002年、2004年のカルストンライトオのみ。

アイビスサマーダッシュ
■ 開催地 新潟競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 直線芝1000m
■ 賞金内訳 1着:4000万円、2着:1600万円、3着:1000万円、4着:600万円、5着:400万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)
■ 負担重量 基本:3歳(旧4歳)は53kg、4歳(旧5歳)以上は56kg、牝馬は2kg減
・日本馬は、収得賞金3,000万円超過馬は超過額2,000万円毎1kg増。
・外国調教馬はGI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬1kg増(ただし2歳時の成績を除く)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: