キーンランドC コースの特徴

【札幌競馬場 芝1200mの特徴】

スタート地点は向正面直線2コーナーから少し左に入ったところのポケット。最初の3コーナーまでの距離は約400mある。札幌競馬場の芝コースは高低差が0.6mと小さく、全周にわたりほぼ平坦。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。よって、3~4コーナーはかなり緩やかなカーブ。最後の直線距離はAコース時が266.1m、Bコース時が267.6m、Cコース時が269.1m。芝は洋芝。各クラスで頻繁に組まれており、札幌開催の番組の中心を担う条件。テンから飛ばす前傾ラップのレース。ゴール前は平坦でも最後は凌ぎ合いで、ラスト1ハロンの時計がかかる。時計の出方は開催日によって違ってくるが、函館開催時期に比べて雨で道悪になるケースは少ない。洋芝でもスピード重視。

【有利な脚質と枠順】
脚質的は基本的に逃げ~先行馬が有利。ただし、A→B→Cと仮柵が外に行くほど、逃げ馬の成績はやや悪くなる。枠順は真ん中より内が有利。馬番で言うと10番以内がベスト。8枠は不利で、すんなり先手を奪えそうな馬でないと厳しい。

【種牡馬成績】
サクラバクシンオーが筆頭だが、500万クラス以上では2着が多くなっているので注意。スウェプトオーヴァーボード、シンボリクリスエス、スペシャルウィークが勝ち鞍・配当的に妙味。タイキシャトル、ボストンハーバーは不振。

【クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(34.5-35.6=1.10.1)
3歳以上500万(33.9-35.8=1.09.7)
3歳以上1000万(34.0-35.2=1.09.2)
3歳以上準OP・OP特別(33.6-35.0=1.08.6)
3歳以上重賞(33.8-34.6=1.08.4)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: