キーンランドC レース概要

中央競馬の夏季開催で古馬を対象とした短距離重賞が充実していなかったため、1996年に札幌競馬場の4歳(現3歳)以上の競走馬による混合競走・別定重量・特別指定競走のオープン競走・キーンランドカップとして札幌競馬場の芝1000mで施行されたのが始まりである。
その後、2006年に年間を通じた短距離路線の整備が行われ、本競走はGIIIに格付けされサマースプリントシリーズの第4戦(2012年からは第5戦)に指定された。指定競走となり、秋のスプリンターズステークスに出走する地方馬にも門戸が開かれた。2009年からは国際競走に指定され、外国調教馬の出走も可能になったため、国際格付けとなっている。

スプリンターズステークスには中4週で参戦できることから、セントウルステークスとともに重要なステップ競走として位置付けされている。また、サマースプリントシリーズに指定されてからは、本競走を優勝したワンカラット(2010年)がシリーズチャンピオンに輝いている。
なお地方所属馬に限られるが、上位2着までに限りスプリンターズステークスの出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

キーンランドカップ
■ 開催地 札幌競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝1200m
■ 賞金内訳 1着:4000万円、2着:1600万円、3着:1000万円、4着:600万円、5着:400万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(3頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 基本は3歳53kg、4歳以上は56kg、牝馬は2kg減
・日本馬は収得賞金が3,000万円を超過した馬は超過額4,000万円毎に1kg増。
・外国調教馬はGI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬は1kg(ただし2歳時の成績を除く)。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: