北九州記念 コースの特徴

【小倉競馬場 芝1200mの特徴】

スタート地点は向正面直線の2コーナーポケット。小倉競馬場は2コーナーのところが最高部(芝コースの高低差は2.96m)になっており、スタート後200mほど下る。3コーナーまでの直線距離は約480m。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線距離は293m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。コース形態に伴い、前半の600mはとにかく速い。どのクラスも33秒台前半が水準時計。古馬重賞の北九州記念になると32秒台になる。3コーナーの入り口ではあまり速度が落ちないため、4コーナーから最後の直線に入る際のコーナリングは案外難しい。これがスパイラルカーブの特性だが、小倉芝1200mでは特に外に振られやすくなっている。

【有利な脚質と枠順】
基本的には逃げ~先行馬が有利だが、前後半3ハロンのラップ差が激しいので、前が総崩れになることもある。Cコース時は逃げ馬の成績が多少落ちる。馬場状態もカギとなる。

【種牡馬成績】
サクラバクシンオーが抜けて好成績を挙げている。以下、アグネスタキオン、フジキセキ、キングカメハメハ、クロフネ、フレンチデピュティ。メイショウオウドウ、アドマイヤボス、マーベラスサンデー、アドマイヤベガは不振。

【クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(33.4-35.5=1.08.9)
3歳以上500万(33.5-34.9=1.08.4)
3歳以上1000万(33.5-34.6=1.08.1)
3歳以上準OP・OP特別(33.1-34.6=1.07.7)
3歳以上重賞(32.6-34.8=1.07.4)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: