北九州記念 歴史

1966年 : 4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走・北九州記念が創設され、小倉競馬場の芝2000mで施行された。
1969年 : 施行距離を芝1800mに変更。
1970年 : テレビ西日本より寄贈賞を受けテレビ西日本賞北九州記念に名称変更。
1972年 : 負担重量を別定に変更。
1974年 : 服部正利が調教師として史上初の連覇。
1982年 : 小倉競馬場の改修工事に伴い、阪神競馬場の芝1600mで施行。
岩元市三が騎手として史上初の連覇。
1984年 : グレード制施行によりGIIIに格付け。
1990年 : 土肥幸広が騎手として2人目の連覇。
1995年 : 混合競走に指定。
負担重量をハンデキャップに戻す。
1998年 : 小倉競馬場の改修工事に伴い、阪神競馬場の芝2000mで施行。
特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
2000年 : 負担重量を別定に戻す。
2001年 : 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
2004年 : ダイタクバートラムが当時の芝1800mの日本レコード1:44.1で優勝。
2005年 : 薄暮競走実施により、関西主場においての最終レースの発走時刻を16時50分に設定したことに伴い、当競走の競走番号を第11競走から第10競走に変更。
2006年 : 負担重量をハンデキャップに戻す。
施行距離を現在の芝1200mに変更。
サマースプリントシリーズに指定。
2007年 : 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。
角田晃一が騎手として3人目の連覇。
2009年 : 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は9頭まで出走可能となる。それに伴い、重賞格付け表記をGIIIに復帰。
2011年 : 東日本大震災の影響による薄暮開催の中止に伴い、第11競走として施行。
2012年 : 夏季競馬の開催日割変更に伴い、開催時期を1週遅める。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: