北九州記念 レース概要

1966年に4歳(現3歳)馬以上によるハンデキャップの重賞競走・北九州記念として創設され、小倉競馬場・芝2000mで施行された。1969年からは距離を芝1800mに短縮。小倉大賞典と小倉記念の2つの競走と共に「小倉三冠」と言われ、2005年にはメイショウカイドウが、史上初の同一年度での小倉三冠を達成した。過去には、アトラス(3年越し)・ロッコーイチ(2年越し)・ミヤジマレンゴ(3年越し)が小倉三冠を達成している。

2006年に夏の短距離競走の整備の一環として距離を芝1800mから芝1200mに短縮し、サマースプリントシリーズに指定。さらに開催時期を小倉記念と入れ替えて8月に施行。2009年より国際競走に指定され、外国調教馬の出走が可能になったため、国際格付けとなっている。

現在の短距離競走となってからは秋のセントウルステークスやスプリンターズステークスを占う競走の1つとなり、本競走をステップにアストンマーチャンとスリープレスナイトが、同年のスプリンターズステークスを制している。

1996年からは阪神競馬が夏開催となり「西日本の競馬にとってのローカル競馬開幕戦」の印象が強くなった。また開幕週で芝の状態が良好な中で行われるため、スピードが要求される競走となった。特に1999年の小倉競馬場改修後は、同競馬場芝1800mのレコードタイムを3度更新。また小倉巧者ロサードの3年連続2着(2000年、2001年、2002年)という記録がある。

北九州記念
■ 開催地 小倉競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝1200m
■ 賞金内訳 1着:4000万円、2着:1600万円、3着:1000万円、4着:600万円、5着:400万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)以上で、施行日当日の1週前から過去1年前までの期間内に1回以上出走のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)
■ 負担重量 ハンデキャップ

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: